愛媛県・香川県を中心に展開するコスモグループの就職・派遣・アルバイトの求人情報サイトです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
電話でのお問合せはこちら
メールでのお問合せはこちら

ブログページBlog

コスモグループ男子求人ブログ

「相手の立場」を体験すると気持ちがわかる道後太郎2017-04-21 12:07:08
今回のテーマは「相手の立場を知る」
これは仕事に限ったお話ではなく、日常生活においてもとても大切なことです。







ある自動車販売会社の話ですが、新入や若手社員を中心に必ず保育園に5日間の研修に行かせるのだそうです。
そこで行うことは座学ではなく、研修の間ひたすら保育士さんたちの補助としてずっと子供たちの相手をするのだそうです。

 
自動車販売会社というのは、子供連れの顧客との商談が多く子供が騒いで商談がままならないこともしばしばあるので、子供との接し方を学べばこの対応に活かせるのではないかということが保育園での研修を始めたきっかけだそうです。

 

実際に研修に行かされる社員の中には、何でこんなことをさせられるのかと不満そうな者もいるそうですが、子供というのは正直なのでそんな心理を見透かしてしまうのか、子供からの人気不人気が社員によってはっきり差が出てしまうのだそうです。

 





子供たちは、初対面では距離をとっていても、そのうち子供同士で社員の取り合いをはじめたりして社員たちもそれぞれそんな様子を見ながら、
自分なりに子供たちとの接し方のコツを徐々に体得し、みんな子供たちと仲良くなっていくそうです。
最後は子供たちと涙の別れになったりするようですが、この経験をすることで社内での家族連れやお子様対応にも、様々な工夫ができるようになっていったそうです。




 

このように、「相手の立場」を体験させるような仕掛けは世の中には結構いろいろあり、例えば身に着けると男性でも妊婦の生活が体験できる“妊婦ジャケット”や疑似体験装具をつけることで、加齢による身体的な変化(筋力、視力、聴力などの低下)のような、高齢者の日常行動を体験できるといったものがあります。
相手の立場を知っていると、サービス業の経験者は店員さんに優しかったり、学生さんがアルバイトなどを通じて働いている側の苦労がわかったりしますし、お客目線で物事を考えやすくなります。





もちろん体験して相手の気持ちを理解することが出来るケースが全てではありません。
人間関係が増えれば増えるほどそれぞれの環境・背景が全く異なりますのでどんどん複雑になっていきます。
その中で少しでも相手のことを理解するためには察する力が必要となってきます。
自分の視野を広げるためにも、日々察する力を育てていくことが大切です。

▼ お問い合わせ先はこちら

  • 0120-326-870
  • st50m@cosmo-gr.com
ページトップへ戻る

月間アーカイブ

スタッフ一覧

サイトメニュー